トップへ戻る





愛知県振興部観光局
観光推進課
〒460-8501
愛知県名古屋市中区三の丸
三丁目1番2号
TEL 052-954-6355
FAX 052-973-3584
E-mail aichi-film@pref.aichi.lg.jp

検索結果は : 48 件です。
名古屋鉄道株式会社

名古屋を中心に豊橋と岐阜を結ぶ「名古屋本線」のほか、明治村などテーマパークが充実した観光都市・犬山へ向かう「犬山線」や中部国際空港への「空港線」など、愛知県内一円に鉄道ネットワークを形成しています。

表浜海岸

遠州灘、太平洋に面する美しい砂浜海岸。夏は多くのサーファーで賑わい、4月上旬から10月下旬は地引網も楽しめる憩いのスポットです。

吉田城

永正2年(1505)、牧野古白により築城。御殿を取り囲んだ4つの櫓のうち鉄櫓だけが昭和29年に復興され現在に至っています。豊橋公園内にあり、刻印のある石垣が歴史を物語る。石垣すぐ下は豊川が流れており、遊歩道は市民の憩いのスポットとなっています。

豊橋市民俗資料収蔵室

旧多米小学校校舎に市内各地の海苔・養蚕・製糸・農耕その他の民具を収蔵・展示してあります。現在では市内に唯一残る木造校舎。映画「早咲きの花」の撮影で使用されました。

豊橋市公会堂

中世ヨーロッパ建築を思わせる風格のある外観。窓はロマネスク式、両脇にある階段棟上げ半球ドームは中近東の建物を思わせ、さらにステンドグラスが美しさを際だたせています。映画「陽気なギャングが地球を回す」の撮影で使用されました。

冨士神社コバノミツバツツジ

コバノミツバツツジは、高さが2m程の落葉低木で葉はひし形に近く、4月中ごろ淡い色から濃い紅紫までの美しい花を咲かせます。冨士神社周辺9,300平方メートルの山林に約3,000本が自生しています。

宮路山

標高362mの山。山頂からは三河湾や東三河平野が一望でき、よく晴れた日には遠く富士山や御嶽山も望めます。またモミジの名所としても知られ、山頂近くの北側斜面一帯(約2ha)にはコアブラツツジの自生地があります。休憩所、東屋等の施設も整備されています。

旅籠 大橋屋

1716年頃江戸後期の建築で宿場町赤坂を偲ばせる旅籠。中庭には、六角形の中台の左右各面に「走り獅子」の装飾を持つ花岡岩でできた南北朝時代の石灯籠があります。黒光りした階段を上がると襖で仕切られた客室が三室。障子を開けると紅の千本格子の間から東海道赤坂宿を望めます。現在も営業中。

豊川稲荷表参道

全国的にも有名な豊川稲荷の正面にあるというだけあって、趣のある商店街です。豊川稲荷と合わせてロケするも良し、ゆるやかなカーブがレトロな雰囲気を漂わせます。

国指定天然記念物「清田の大クス」

愛知県下最大で、昭和4年に国の天然記念物にも指定されている中部地方を代表する巨樹です。樹齢推定1,000年以上、根回り13.6m、高さ22m、幹回り14.3m。

蒲郡オレンジパーク

蒲郡市の特産物の「みかん」をはじめ、季節に応じて様々なくだもの狩りが楽しめます。

国指定天然記念物「竹島」

長さ387メートルの橋で陸地と結ばれている蒲郡のシンボル「竹島」。これまでの調査で65科238種の高等植物の自生が確認されており、暖帯林特有の照葉広葉樹におおわれている様相は、対岸のクロマツ林とは景観を全く異にしています。このような例は東海地方では他になく、島全体が国の天然記念物に指定されています。島の周囲には30分程で廻れる遊歩道があります。

三ヶ根山・三ヶ根スカイライン

6月から7月初旬にかけて7万株のあじさいが咲き、「あじさいライン」の名としても知られています。スカイラインからの眺望は素晴らしく、蒲郡市街から竹島、三河湾、渥美半島はもちろん、天気の良い日には伊良湖岬から鳥羽方面まで見渡すことが出来ます。

海陽ヨットハーバー

海陽ヨットハーバーは、1993年に愛知県の公共ハーバーとしてオープンし、以来「わかしゃち国体」を始め数多くのヨットレースが開催されて来ました。レンタルヨットを豊富に取りそろえているのも特徴のひとつ。また、ヨット教室・オープン参加型レースを開催するなど、気軽に利用できるヨットハーバーです。

三河大島・三河大島いかだレース大会

蒲郡の沖合3kmに浮かぶ無人島が三河大島。海水浴シーズン中には、蒲郡や渥美半島を眺めながら無人島で泳ぐことができます。また、同時期には竹島埠頭から定期船が運航します。ビーチは幅70m、長さ500mと島とは思えないほどの規模ですが、全島を暖帯樹林が覆いトロピカルムードも満点。海岸は、断崖や洞穴など変化に富んでいます。

魚市場・漁港・海産物

三河湾の最深部に位置する蒲郡市は、三河湾・伊勢湾・渥美外海の広大な漁場で古くから水産業が営まれています。市内には三谷魚市場、形原魚市場、西浦魚市場があり、朝市が行われています。時期により晩市や夕市も開催されます。

万葉の小径

西浦温泉東の小高い山にある、稲村神社に通じる約500mほどの遊歩道。万葉歌人が三河湾の美しさを詠んだ歌碑やムラサキシキブ、シラハギなどの万葉の花が咲き誇ります。このことから万葉の小径と呼ばれています。

子安弘法大師

晴天の日の弘法山は文字通り眺望絶佳の霊峰です。国定公園三河湾を足下に見下ろし、その形は楽土をなし美景には登詣の外国人の方々など、自然にビューティフルを口ずさんでいます。山頂には地上百尺(30m)東洋一の子安大師のお姿が三河一円を見守るようにそびえ立ち、そのお姿こそ我国文化の恩人といわれる(僧空海)弘法大師であります。

海辺の文学記念館

菊池寛や志賀直哉などの多くの文人たちに愛された料理旅館「常盤館」。いわゆる「常盤館文化」を後世にいつまでも継承していくために、常盤館があった同じ地に建設されました。常盤館の一室を再現した和室からの眺めは格別で、時間が経つのを忘れるほどゆっくりとした時間を過ごすことができます。

西浦不動 無量寺(ガン封じ寺)

昔から厄除け癌封じの寺でしられる、平安時代の古刹。御本尊西浦不動無量寺は秘仏であり特に難病封じが御利益。境内には全国の参拝者が祈願したガン封じ絵馬がたくさん奉納されています。また日本でも珍しい仏塔も立ち奥の院には千仏洞めぐりの洞窟行場があります。

Webページ作成方針    ・サイトポリシー    ・個人情報の取扱い